となりの怪物くん実写化!菅田将暉と土屋太鳳が主演に批判相次ぐ

となりの怪物くん映画
スポンサーリンク

人気少女漫画「となりの怪物くん」が2018年に映画実写化するそうです。
主演は今最も勢いのある2人

怪物くんこと吉田春 菅田将暉
水谷雫 土屋太鳳

となりの怪物くんは累計発行部数500万部を突破する人気少女漫画です。
もちろんわたしも大好きな漫画。

ライブドアの記事には、「かねて多くの原作ファンから映像化を待望されていた」と書かれていましたが、ツイッター上では正反対の反応が相次いでいます。

なりの怪物くんの映画化を反対

一読者として、この2人が主演だとわかったとき
違和感を感じました。キャスティングミスではないかと、、。
その「違和感」はわたし以外にも感じている人が多いようです。

行動が予測不能な問題児・吉田春(菅田将暉)と、ガリ勉で冷血な水谷雫(土屋太鳳)友達がいない2人が主人公。

春役の菅田将暉くんは演技も上手く、役作りもみっちりやってきてくれそうなので期待できそうですが、
水谷雫役の土屋太鳳さんはどうもイメージと違う気がするんですよ。
そもそも冷血女子の雫を土屋太鳳さんが演じることに違和感があります。

ツイッターでのみんなの反応


となりの怪物くんはキャラクターが皆濃いので、誰がどの役をやるのか注目です。

他にもこんな声もあがっています。

菅田将暉はヤマケンの方が合っている

そうなんです。わたしも同じことを思いました。イメージとしては菅田将暉くんは完全にヤマケン役の方が合っています。まだクランクインしてないなら今からキャストを変更お願いしたい(笑)

スポンサーリンク

 

ろびこ氏の漫画はめちゃ面白いので、まだ読んでない人は映画を見る前に読んでおくことをおすすめします。でも、読むとキャスティングに疑問を抱いてしまうかもしれないけど。

僕と君の大切な話 /ろびこ

「となりの怪物くん」は、2018年に全国で公開

スポンサーリンク