EOS Kiss X7でよつばとダンボー風景画像を撮ってみた

最近一眼レフカメラEOS Kiss X7を購入し、右も左もわからないわたしに
カメラの使い方を教えてくれている師匠(友だち)がいます。
その師匠が撮ったダンボーの風景画像がこれ。
(撮ってみたのは師匠こと友だちです。あしからず(^^;)

紫陽花とダンボー
うん。かわいい。
ダンボー画像紫陽花

 

物思いにふけっているような、空に何かを見つけたような、
そんな感じのダンボー。背景がガッチリぼけてますね。
ダンボー画像 物思いにふける

 

ダンボー「うわー。どこまで伸びるんだ~」
ダンボー画像

 

ダンボー「あ、、、。」
ダンボー画像

NEVERまとめでダンボー画像をもっとみる
【画像大量】ダンボー×風景画像まとめ

スポンサーリンク

【使用機材】
よつばと! リボルテックダンボー・ミニ 2015年発売モデル 約80mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
この写真を撮ったカメラはデジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7
電気屋さんで現物を見てからアマゾンで購入したんですが、
とてもおすすめです。

やっぱりカメラは軽いに越したことないですね。
何かと荷物の多いわたしにはコンパクトで軽くてありがたいです。

ズームでなく
近くの距離で撮ることのほうが多い場合は
パンケーキレンズがおすすめです。
パンケーキレンズはほんとにキレイにボケるので楽しいですよ~^^

レンズ選びのとき
友だちに「ボケを綺麗に出したい」と相談に乗ってもらっていたとき
「パンケーキレンズは綺麗にボケるよ」と言ったので
何のこっちゃかわからず
「ホットケーキとは違うよね?」と友だちに聞き返しました。

紛らわしい名前をレンズにつけたもんですよね(笑)

さらに、わたしは
カメラというものを心底わかっておらず
レンズの高さに驚きっぱなしでした。

レンズはピンキリですが、
「ボディよりレンズのほうが高いじゃん!」って。

そして、予算を大幅に超え
清水の舞台から飛び降りる覚悟で
デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7を手にした訳です。

ちなみに当初の予算は5万円。
ボディ・レンズ・オプションなんだかんだで10万円くらいになってしまいました。

とまぁ、せっかく買ったのでいろんなモノを撮りたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です