ジャンクガーデンに合う迷彩柄リメイク缶の作り方

ジャンクガーデン迷彩柄プランター

こんにちは^^
「ピッ!敬礼!今日のお仕事は、かっこいい迷彩柄リメイク缶をつくること。エイエイオー!」
ルルロロちゃんってなんであんなにかわいいんでしょうね?(教育テレビでやってるクマのアニメ)
キャラクターの可愛さと心温まる内容にとても癒されてます。
ルルロロちゃんの声をあててる女の子達すごく上手ですよね。
滑舌よくすることと2人(ルルロロ)の息を合わせるのが大変だそうですよ。

わたしなりの作り方なので参考にならないかもしれませんが、
今日は、迷彩柄リメイク缶の作り方を書きたいと思います。
「作る」というより、「迷彩柄の描き方」と言ったほうが正しいかもしれません。

ジャンクガーデンに合う迷彩柄のリメイク缶を作り方

5つにまとめてみました。では作っていきましょう!

1 下処理
お好きな缶に下地を塗る。わたしは「プライマー」を使っています。
下地を塗らないと絵具やペンキがキレイに乗らないので
臭いけど頑張って塗りましょう。※換気を忘れずに

2 ベースとなる色を決める

何色の迷彩柄にしたいかを決めます。

定番のミドリや茶色っぽい迷彩にしたい場合ベースカラーは茶色にするといいですよ。
ジャンクガーデン
この迷彩柄リメイク缶は茶色ベースです。
今回はグレーをベースカラーにしました。ちなみにグレーのペンキは100均です。

100均のペンキはとっても臭い。

3 ベースと同系色の色を3つ決める
濃色・薄色・中間色。
だいたいの迷彩柄は4色で出来ているのでベース+3色=4色になるようにします。
グレー・茶色・白を選びました。

4 薄色から描いていく
薄色から描いていきます。この場合は白

上に濃色が被っても影響が無いように薄色から塗っていきますよ~。
薄い色は多少下手でもいいんです。濃い色で微調整していきます。
薄色・中間色・濃色の順で描いていく。
迷彩柄の難しいところは、日本地図のような不規則な柄にあります。
うにょうにょとランダムに伸びた柄を描くのがちょっと難しいのですが、
「迷彩柄 画像」で検索し、好みの迷彩柄を見ながら描くとどうにかかけます。
イメージとしては、横に長く不規則にをイメージして描くといいですよ。

迷彩柄プランター作り方
同系色と言いながら何故か茶色を選んでしまいました、、。
失敗です。

スポンサーリンク

前回グレーに茶色を入れた迷彩柄リメイク缶を作って、なかなか良かったので今回も
茶色を選びましたが、今回は缶が大きいせいか、ちょっとイメージと違ったので
茶色の上から同系色を塗りなおしました。
前回の記事迷彩柄リメイク缶に挑戦


全部描き終わると、あら不思議!立派な迷彩柄じゃあ~りませんか!

<迷彩柄を描いたら、汚して英字を入れるとソレっぽく仕上がります。
今回はステンシルスタンプを押しました。
ステンシルプランター
スプレーが苦手でうまく出来ないので
スタンプにしましたが、スプレーのほうが味がある感じにカッコよく仕上がると思います。
スプレーが苦手な人はスタンプがいいですよ。
スタンプだと平らなところにしかスタンプできないのが難点ですが
ニオイが少なく、お手軽なのがスタンプの良いところ。
シンプルな木箱や缶にステンシルスタンプを押すだけで男前インテリアっぽくなるので気に入っています。

5 最後にトンカチで凹凸をつけて味を出します。
「仕上げはおか~さ~ん♪」日頃のストレスを缶にぶつけます。

トンカチでランダムに叩きました。
写真だと凸凹がよくわかりませんが、肉眼で見るとちゃんと凸凹しています。

ジャンクガーデン迷彩柄プランター

缶の大きさを比較してみました。

手に持っているピンクの缶はトマト缶です。
かなり大き目の缶をペイントしました!

大きいと描くのも大変ですが、なんだか達成感があります。
まだまだ人に教えられるほど上手ではありませんが、
少しでも参考になればうれしいです。
それではまた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です