【保存版】どこで売る?ハンドメイド販売サイト比較とおすすめ

ハンドメイド販売サイト
スポンサーリンク

自宅で副業したい!手作り小物を販売したい!だけど、どのサイトで売ったら良いかわからない、、。
そんなあなたへ、手作り販売できる人気のハンドメイド販売サイトをまとめてみました。比較しながら自分に合った販売サイトをお選びください。
今ハンドメイドは8千億円市場とも言われている最も熱いジャンル!

バイキングの放送ではミンネで「ハンドメイド布財布」を売って月40万円稼ぐ人気作家が出演していました。
その作家いわく「センスと技術次第で月収40万円稼ぐことも可能」だとか。
TVで紹介されていたものはパンダ柄のがま口布長財布
ショルダー紐を取り付ければ財布を肩にかけられ
お金をサッと取り出せてとても便利。

値段は5050円
累計販売個数はなんと3000個以上だそうです。

財布の中は小銭部分にファスナーがなく、開けたらすぐに小銭を取り出せるよう工夫がされています。

こちらが紹介されていた布長財布↓

ハンドメイド販売サイト
画像出典:https://minne.com/items/2419245
主婦の目線で作られた布財布はおしゃれで機能的!
稼いでいるのも納得です。

どう選ぶ?ハンドメイド販売サイト徹底比較

ハンドメイドは既製品の物と違って人と被らないオンリーワンの魅力がありますよね。
一昔前は“個人で楽しむ趣味”という存在でしたが
現在ハンドメイド品専門の通販サイトなどから、
購入希望者が気軽に好みのアイテムを選べる時代となりました。

「専業主婦や、育児中だけど仕事がしたい」
「器用さを生かして仕事にしたい」
「これからハンドメイドを始めてみたい」
「子供が成長し育児がひと段落したから副業したい」

自宅で働きたい・副収入を得たい・趣味を活かした仕事をしたいと希望を持つ方たちが、
次々と作家デビューしています。
その一方で、販売サイトが増えた今だからこそ、
自分のハンドメイド品をどこで売ったら良いのか悩みがち。
各サイトのメリット、デメリットをチェックして、
ハンドメイド販売サイト比較し自分にぴったりのサイトを見つけましょう。

minne(ミンネ)

ハンドメイド販売サイトミンネ
画像出典:https://minne.com/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 10%(税抜)
スマホアプリ あり

「minne」は、2012年にサービスが開始されました。
ロリポップ!やムームーエンジン、JUGEMブログなどで有名なGMOぺパポ株式会社が運営しているため、
インターネット集客に強いのが特徴です。
「minne」には、販売する側も、購入する側も、使いやすいスマホアプリが用意されています。
パソコン環境が無くても大丈夫ですから、今すぐ始められますね。

また、すでに売れてしまった作品や、売る予定のないハンドメイド品をギャラリーへ展示できます。
そのため、在庫品を持たず、オーダーメイド受注をすることも可能ですよ。

オークションなどと違い、販売代金のやりとりは「minne」で代行してくれるため、
安心してスタートできるのもメリットの一つ。
初心者でも、ショッピングモール「カラメル」へ自動掲載されたり、
公式SNSで随時新商品の紹介が行われたりと、
作品が多くの人へ届きやすいサイトでもあります。

デメリットとしては、販売手数料が10%(税抜)という点です。

「minne」では、1000円の商品が売れた場合、
10%の100円+消費税=108円を支払う必要があります。

そのため、原価の高い作品や、作成に時間がかかる商品を提供する場合には、
価格設定を下げ過ぎないよう、気をつけましょう。
とはいえ、集客力の高い「minne」
最初から、薄利多売を目指しているクリエイターさんも少なくありません。

他のサイトと比較しても圧倒的に集客力のある人気のハンドメイド販売サイトです。

Creema(クリーマ)

クリーマ
画像出典:https://www.creema.jp/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 8~12%(税抜)
スマホアプリ あり

「Creema」は登録者数80,000人、利用者数月間300万人のハンドメイド品販売サイト。
携帯会社「au」と提携したことで、今後さらに利用者が増えると期待されているサイトです。
作品を販売するだけでなく、ハンドメイド素材を購入できる「Creema」
ハンドメイドに必要な布や糸、パーツなどがお得な価格で購入できるため、
作品の原価をぐっと抑えられます。
500万ダウンロード突破のアプリを利用すれば、
より手軽にハンドメイド品販売がスタートできます。
アプリでは、画像補正を行えるため、より作品の魅力が引き出されますよ。
東京、大阪では日本最大級のクラフトイベントが開催されていますので、
店頭に立って売ってみたい!と考えている方は要チェック!

お金のやりとりは「Creema」へ任せることができるため、作品制作へ集中できるのも魅力。

デメリットとしては、変動制の販売手数料。
「Creema」では、手数料は3ヶ月の売り上げに応じて手数料が定められ、
21万以上は8%の手数料、9万円以上では9.5%、それ以下の場合は12%となります。

ある程度ファンを掴んでいて、毎月3~9万円以上は売り上げがある、
という場合には良いですが、初心者の方や、家事、本業が忙しくてたくさんの商品が作れない、
という場合には手数料が12%と高めになりがちですから、注意が必要。

メルカリ

メルカリ
画像出典:https://www.mercari.com/jp/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 10%
スマホアプリ あり

フリマ的な買い物が、スマホで簡単にできると人気の「メルカリ」
テレビCMで、名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
メルカリはハンドメイド品専門の販売サイトではありませんが、
ハンドメイドカテゴリが独立して存在しています。

一点ものでお手頃価格の、アクセサリーや服、小物などは、
メルカリを多く利用している10代~20代にも人気ですから、たくさんのアクセスが期待できます。

メルカリの良いところは、ハンドメイド品だけじゃなく、
不要なものすべてを販売できてしまうこと。
ハンドメイド品と合わせて、着なくなった服や小物、本やCDを出品しておくことで、
合わせて買って貰えたり、注目度を上げたりできますよ。

取り引きで困りごとがあった場合には、24時間サポートが受けられるのも嬉しいですね。
インターネットでのやり取りが不安、、。
という場合も、匿名配送システム「らくらくメルカリ便」を利用すれば、
住所などの個人情報を開示しなくても、相手へ届けることが可能。

デメリットとしては、スマホユーザー向けのため、写真が小さい、という点が挙げられます。
パソコンユーザーから購入される場合も考慮し、できるだけ分かりやすい画像で出品しましょう。

tetote(テトテ)

ハンドメイド販売通販サイトテトテ
画像出典:https://tetote-market.jp/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 12%(税抜)
スマホアプリ なし

「tetote」は月間200万人が訪問する、ハンドメイド品販売サイト。
ギャラリーを覗いたり、直接メッセージを送ったりと、
クリエイターとの距離が近いサイトとしても有名です。
ただ売れればいい!のではなく、やりとりを楽しみたい方にオススメの「tetote」
2015年から「minne」を運営しているGMOぺパポとグループ化したことにより、
合同のイベントなども開催されています。

注目度の高いサイトのため、「tetote」を通じて、
雑誌などへ掲載された作家さんも多いですよ。

その他にも、宛名ラベル発行機能や、かんたんコピー出品機能、
アクセス解析、リピーター判別機能など、欲しかった機能が目白押し。
デメリットとしては、販売手数料が高めな点が挙げられます。
「tetote」を利用するなら、まずは自分を知ってもらうコミュニケーションツールとして、
スタートしてみるのも良いですね。

iichi(イイチ)

イイチ
画像出典:https://www.iichi.com/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 20%
スマホアプリ なし

手芸だけでなく、陶芸や木工、ガラス、革製品、染物など、
幅広いプロフェッショナルが活躍している「iichi」

得意としているハンドメイドジャンルが、アクセサリーなどの人気分野ではない、
という方には特にオススメしたいサイトです。
作品の中には大型家具などもあり、高価な商品への注目度が高いという特徴があります。

海外版ページもありますので、英語で説明文を書ける方なら、
国外デビューすることもできますよ。
海外への発送は「iichi」が担当、販売手数料は国内と変わりませんので、
気軽にチャレンジできます。

デメリットとしては、販売手数料が高額、振込手数料がかかる、という点です。
「iichi」で活躍したいなら、自分だけのオンリーワン作品を持っていること。
手数料に負けないくらいの、高嶺設定できるクオリティがあること、を意識しましょう。

ハンズ・ギャラリーマーケット

ハンズ・ギャラリーマーケット
画像出典:https://hands-gallery.com/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 12%(税抜)
スマホアプリ なし

「ハンズ・ギャラリーマーケット」は、あの「東急ハンズ」が運営している手づくり品販売サイト。
「東急ハンズ」で購入した素材でなくても、手づくりであればなんでも出品可能です。
見て、買って、出展して楽しいを合言葉に、ハンズらしいセンスで作られたサイトは、
固定ファンをがっちりつかんでいます。
手数料は12%と高めですが、手数料に送料、消費税が含まれない嬉しい配慮は、
大手東急グループならでは。

それだけでなく「東急ハンズ渋谷店・広島店・博多店」では、
「ハンズ・ギャラリーマーケット」のリアル店舗を出すこともできます。

このレンタルギャラリーを利用して、憧れのお店デビューをするのも良いですね。

デメリットとしては、認知度の低さが挙げられます。
大手ハンドメイド品販売サイトと比べると、認知度、利用者数は少なめですが、
実店舗でも販売したい!という方は、迷わず登録したいサイトです。

SOWZO(ソーゾ)

SOWZO
画像出典:http://sowzo.com/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 0円
スマホアプリ なし

「SOWZO」は手づくり作家、アート作家をとことん応援してくれるサイト。
登録料、月額手数料だけでなく、販売手数料も無料なのは「SOWZO」だけです。
作家デビューを応援してくれる「SOWZO」では、通信販売だけでなく、
ハンドメイドイベントやギャラリー、空きスペースの運営者、
所持者と連携し、実際にお店を出すことも可能。
全国各地のイベンターさんと協力し、宣伝、集客を行ってくれる「SOWZO」
ハンドメイドを本職にして稼ぎたい!
という方には、夢に一番近いサイトだと言えます。

「SOWZO」のデメリットとしては、完全無料を維持するために、
サイト広告が入る点が挙げられます。
販売側も、利用者側も、画面が見辛かったりする場合もありますが、
手数料無料の誘惑には勝てません。
今後ますます注目が集まると予想される「SOWZO」
人気沸騰する前に、登録しておきたいサイト。

スポンサーリンク

BASE(ベイス)

BASE
画像出典:https://thebase.in/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 なし(決済手数料が必要です)
スマホアプリ あり

「BASE」は無料でネットショップを開設できる便利サイト。
ハンドメイド品だけでなく、幅広いジャンルのお店がすでに30万軒以上オープンしていますよ。
自分のお店を持ちながら、集客や宣伝、決済などの手間を助けてくれる「BASE」なら、
即日店長になれちゃいます。
ハンドメイド品の販売サイトでは難しい、
オリジナルデザインのショップを作ることもできますよ。

「BASE」では、販売したい商品にぴったり合った、
こだわりのお店作りが楽しめます。
また、「BASE」では、販売手数料がかかりませんが、
決済手数料が必要となります。
クレジットカード決済、銀行振込、コンビニエンス払いの場合は、
送料込みの合計金額×3.6%+40円。
後払い決済の場合には、送料込みの合計金額×6%が必要となります。

他サイトに比べると手数料が少なめな「BASE」ですが、
デメリットとして振り込み時の手数料がかかるという点です。
振込を申請した場合、振込手数料
(一律250円)事務手数料(2万円未満500円、2万円以上0円)がかかりますので、
できるだけまとめて振込を依頼したいですね。

ココナラhandmade

ココナラハンドメイド
画像出典:https://handmade.coconala.com/

登録料   0円
月額手数料 0円
販売手数料 10%(税抜)キャンペーン期間は0円!
スマホアプリ あり

似顔絵や占い、文書作成に、悩み相談まで、
なんでもワンコインでお願いできることで人気の「ココナラ」
35万ユーザーを超える「ココナラ」では、
2017年春からハンドメイド品の販売が可能になりました。
「ココナラ」なら、ハンドメイド品を出品しながら自分では難しいキャッチコピー作成や、
画像編集など苦手分野を、ワンコインで依頼できるのが嬉しい。

また、2017年4月現在、オープンキャンペーンとして、販売手数料が0円となっています。
その他にも、既存のココナラユーザーへ、ハンドメイドで使用できるクーポン配布が行われていますので、
お得に売るチャンスですよ。

「ココナラ」のデメリットとしては、匿名配送不可、という点が挙げられます。
金銭のやりとりは「ココナラ」を通じて行えますが、発送は個人間で行うため、
名前などを伝える必要がある点に、納得してから始めましょう。

販売方法

➀ハンドメイド販売サイトに「作家登録」
②作品をスマホ・カメラで撮影サイトにアップ 値段決め
➂商品が売れたら購入者に発送

商品が売れたら販売サイトに販売手数料が引かれるという仕組み。

販売ジャンル決め

「ハンドメイドで副業を始めたい」と、漠然と考えてる方も多いと思います。
何が得意なのか、何が好きなのか、どんなものを作りたいのかジャンルを決めましょう

売られているもの・ジャンル
【アクセサリー】・ヘアゴム・ピアス・ネックレス・バレッタ・ブローチ・指輪・ブレスレット
【フェイクスイーツ】・キーホルダー・マグネット・ブローチ・ミニチュアフード
【布小物】・バッグ・財布・ガマ口コインケース・巾着・キーケース・洋服・ポーチ
【ガラス】グラス・皿
【レジン】ブローチ・マグネット
【アーティシャルフラワー小物】ピアス・ヘアゴム
【革小物】キーケース・マウスパッド・スマホケース・ポーチ・カードケース
【インテリア家具】・ランプ・椅子・テーブル
【食品】・ケーキ・クッキー・チョコレート・アイス
グルテンフリーのケーキやクッキー
【編み物】ニット帽・マフラー・ガーランド・コースター

ハンドメイド販売サイト比較これが人気!ハンドメイド売れ筋商品

スマホケース・キャンドル
季節もの(冬ならリースやスワッグ)・アクセサリー

スマホケースは人と被らないオシャレなケースを持てるという理由で人気があります。
キャンドルは季節関係なくリラックスタイムに使えるので一年通して売れている印象。とくに冬は売れますね。
ピアスやネックレス、ヘアゴムといったアクセサリーはハンドメイドの王道。
なので売っている人が多い。
ライバルが多いので抜きに出るくらいのセンスや個性がないと埋もれてしまいます。

かと言って興味のないものを作って販売するなんて楽しくないですから
自分の好きなものや得意なジャンルを選ぶのがベスト。
ちなみにわたしはフェイクスイーツ小物をハンドメイドサイトでよく買います。
他にもヘアゴムやブローチなど粘土レジン系小物も好きです。

人気ハンドメイド作家になるには

人気の作家さんに共通していること、それは
写真がキレイ&オシャレ!
これに限ります。
ハンドメイドで稼ぎたいなら一枚の写真(商品)に命をかける!
背景や加工にこだわってとにかく目を引く思わずクリックしたくなるようなオシャレな写真を載せましょう。

ブランド化

あなたからしか買えないような唯一無二の商品でブランド化
一つのジャンルに絞って極める
ジャンルを【布小物】に決めたらその中で細分化し、それのみの販売にします。

例えば「布財布と言ったらこの作家さんだよね」という風に覚えてもらいやすくなります。
「餅は餅屋で買いたい」というのが人の心理ですよね?

【例1】SWAN.cookies Online Store https://minne.com/@swancookies
– ハンドメイドマーケットminne(ミンネ)
ハンドメイド人気作家

フェイクアイシングクッキーフェイクアイシングクッキーを販売しているSWAN.cookiesは
「フェイクアイシングクッキー専門」で、
ジャンルを細分化し特化しています。
フェイクスイーツ系の物は見るのも買うのも好きで、
写真を見てあまりの可愛さについ買ってしまった
ソフトクリームのアイシングクッキーバッグチャーム。
キーホルダーとして使っています。
SWAN.cookiesの作品はどれも可愛いのでずっと眺めていられます。

【例2】TOTTEN’S GALLERY https://minne.com/@totten
– ハンドメイドマーケットminne(ミンネ)
ミンネトテンパン

ハンドメイド販売TOTTEN(トテンパン)は本物のパン材料(小麦粉・イーストなど)
パンを作る際に使われる本物の材料を使って
ミニチュアパンを加工しブローチ・マグネット・
ストラップなどを作っています。

思わず買ってしまった本物の材料を使って作られた塩プレッツェルのブローチ。
めちゃかわです。

 

このように、その作家さんからしか買えない唯一無二の存在になると
ハンドメイドで月数十万円稼ぐことも夢ではありません。もちろん、販売するモノや値段設定にもよりますが、
人気作家になり本やTVなどで取り上げられれば一気に稼ぐことも可能だと思います。

ハンドメイド人気作家になってじゃんじゃん稼ぎたいと考えているのであれば、
人気作家から学ぶのが一番です。好きな作家さんや人気作家の販売ページを見て良いところを取り入れましょう。

・どんな写真の撮り方をしているか
・商品説明文はどんな風に書かれているか
・タグ付け
・プロフィール
・SNSの活用法
など人気作家から学ぶことは沢山あります。
作品をアップしたら、サイトだけに集客を任せず、
自分からもブログやSNSで発信することも大事。
ブログやSNSは無料で使える、便利な集客ツール。
また、ラッピングや梱包の仕方などは気になった商品を買ってみると参考になりますよ。

参考になる書籍

さいごに
比較してきたハンドメイト品販売サイトには、それぞれ特徴があります。
「たくさんの人に見てもらいたい」
「上質なサイトへ展示してもらいたい」
「実店舗での販売も考えている」
「ハンドメイド品以外も売りたい」
「とにかく手数料を抑えたい」
など、利用者数だけでなく、自分の希望に合ったサイトへ登録したいですね。
また、サイトごとに利用者層が違い、同じ作品でも売れるサイト、売れないサイトがあるのも事実。
そのため、多くの作家さんが、複数サイトをかけもちし、販売したりもしています。

かく言うわたしのよく利用しているおすすめハンドメイド販売アプリは
ミンネとメルカリです。

ハンドメイドマーケット - minne(ミンネ)
ハンドメイドマーケット – minne(ミンネ)
posted with アプリーチ
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
posted with アプリーチ

アクセサリーはこのサイト、衣類はこのサイト、と得意ジャンルを見抜き、
住み分けるのも良いですね。ハンドメイド販売サイト比較して
上手に利用し人気のハンドメイド作家を目指してみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です