フェイクスイーツなオールドファッションとクッキーたち

フェイクスイーツオールドファッション
紙粘土とミルキークレイを混ぜた粘土で作ってみました。
紙粘土とミルキークレイを混ぜると非常に扱いにくい粘土になることが
わかったのでお勧めしません(笑)

作ったフェイクオールドファッション、
ブローチにしようかな?と思っています。

ドーナツの型って色々売ってるけど、
いまいちリアルさにかけるというか、
子供っぽい型しかないので自分で型を作ろう!と一念発起。
オールドファッションの画像を見ながら
爪楊枝と割りばしカッターで地道に作りました(笑)

といっても、わたしはいつもフェイク系な何かを作るとき「リアル」はそんなに求めていないんです。
ただ「可愛さ」を求めると多少リアルのほうが可愛い気がするんです。

食品サンプルみたいに超リアルなものを作りたい訳ではないし、⇐作れないけど!
リアルじゃなさすぎても子供っぽいような、チープな作品になってしまう。
その間を狙っているつもりです^^

細かいところまでキレイに型を取りたかったのでハンドミックスで型取りした後
焼き色を着色し、チョコをつけました。

はじめてドーナツを型取りしたんですけど、一つ問題が発生!
オールドファッションの空洞の部分、ここが厄介で
うまく型が取れないんです。
無理やり取ったんですけど、試しにその型に粘土をつめてオールドファッション作ってみたら
うまく外れないという事態に。
オイルとか塗ってもなかなか外れないんです。オールドファッションの
上のぼそぼそしてるとこが複雑なせいかな?

スポンサーリンク

試行錯誤して上下で型を作ることにしました。
まだ作り中で空洞の部分をどうするか迷い中なのでお披露目できないのですが、うまくできたら
お披露目したいと思います!
フェイクオールドファッション
オールドファッションの他にもクッキーサンドやら絞り出しクッキーやらを作りました。
これらはヘアゴムになる予定です。

アルファベッドチョコが写っていますが、このアルファベッドチョコはエポキシではなく
グルーガンで作ってみたものです。
写真が暗くてチョコがよくわかりませんね。すみません(+o+)
前回の記事⇒エポキシ接着剤でアルファベッドチョコのヘアゴム作り
エポキシ接着剤も作りにくかったけど、グルーガンもちょっと難しかった。
なんといっても気泡ですね!
粘土のようにやり直しが利かないので焦ってしまいます。

まだまだやってみないとわからないことばかりですね。

最近、朝晩強烈に寒いので風邪など引かないように気を付けていきましょう。
それではまた☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です