こなぷんに次ぐ新商品クッキンぷっちんが発売された!

クッキンぷっちん

動画で人気のこなぷんは発売を終了していますが、それに次ぐ
新しく似たようなおもちゃが発売されました。
その名も「クッキンぷっちん

リアルのミニチュア料理動画も人気ですが、クラシエなどの作って食べれる食玩などの動画も人気がありますよね。
こなぷんは食べれませんが作ってる工程は見ていて楽しく、子供にも人気があったおもちゃです。

そのこなぷんに次ぐ新商品「クッキンぷっちん」は
待ってました!とばかりに、発売してからすぐ
YouTubeでアップされています。
それにしても、ユーチューバーは流行り・おもちゃの新商品に敏感ですね。

こなぷんしかり、クッキンぷっちんも食べられませんが、
切ったり焼いたり揚げたりして本物のようにミニチュア料理遊びができるおもちゃです。

〈種類は4つ〉
・ハンバーガーショップ
・ホットスナックセット
・クッキーセット
・ドーナツセット

〈用意するもの〉
遊ぶ前にあらかじめ用意するものは、新聞紙・
ティッシュ・封をする為のセロテープ・ハサミ

〈欠点〉
一回作ったらもうおしまい。繰り返し遊べないのが最大の欠点。
もっとクッキンぷっちんで遊びたい場合には
「生地&こなセット」を買い足さないといけません。
子供のおもちゃにしてはちょっと不経済ですよね。また、
水に浸したりするので自然に乾くまで4・5日かかるようです。

クッキンぷっちんの遊び方

粘土のようなものを
手でこね
型に入れて
シートに並べる
ものによっての伸ばし棒で生地を伸ばしおもちゃのオーブンに入れる。

粘土のようなものに付属の粉を混ぜ、別の粉で
フライヤーに反応して作ったものポテトやナゲットが浮き上がってきたら付属の
トングで取り出して出来上がり。
あとはシートに載せて、自然乾燥させて盛り付けます。

フライヤーはポテトやナゲットが
浮かんでくるので本当に
揚げ物をしている感覚を味わえます。

小さい子に揚げ物なんて任せられないので、
おもちゃで揚げ物体験させてあげられるのはいいですよね。

付属の生地は少しずつ使えるようにクリップで止めて保存できるようになっています。
一気に全部作ってしまうとあっという間に遊べなくなってしまうので
少しづつ作って遊ぶのがいいかもしれません。

 

動画で作り方をチェック

最初に動画を見て作り方をシミュレーションしておくとスムーズに作れます。
小さい子供1人で作るのはちょっと難しいので親と一緒に遊びましょう。
材料が小さくて細かい上に、リアルに出来るので誤って子供が食べないように注意!

 

クッキンぷっちんクッキーセット


クッキンぷっちん~クッキーセットのレシピ~

全部で6種類、約55個のクッキーが作れます。
オーブン・プレイシート・伸ば棒は別売りなので。遊ぶ際には「ハンバーガーショップ」か「ドーナツショップ」のお道具が必要です。

クッキンぷっちん~ドーナツセット


クッキンぷっちん~ドーナツセットのレシピ~

ドーナツ10個、チュロス2本が作れます。

スポンサーリンク

クッキンぷっちんハンバーガーセット


クッキンぷっちん~ハンバーガーセットのレシピ~

ハンバーガー6種、ポテト2セット、チキンナゲット1セット
本物そっくりのハンバーガーセットが作れます。

クッキンぷっちんホットスナックセット


クッキンぷっちん~ホットスナックセットのレシピ~

全部で6種類のホットスナックが作れるセット。シュワシュワ揚げ遊びがたっぷり楽しめます。本物そっくりの紙小物付属。※フライヤー・油切り・トレイは付いていないのでホットスナックで遊ぶ際には、別売りの「ハンバーガーショップ」か「ドーナツショップ」のお道具が必要です。

追加生地の購入を購入すればまた遊ぶことができる

「生地&こなセット」はどのシリーズにも使える「クッキンぷっちん」シリーズ専用生地&こなの素材セット。
ハンバーガーなら4個作れます。

フライヤー・トレイ・トング・伸ばし棒などの道具類はハンバーセットorドーナツショップにしか含まれていない為、クッキー・ホットスナックで遊ぶ場合には初めにハンバーガーセットかドーナツショップを買わなければなりません。クッキーセットは、別売りのオーブンが無くても遊ぶことはできます。
スポンサーリンク